視覚探偵 日暮旅人 原作の最終回はどうなる?

視覚探偵 日暮旅人 原作の結末について気になる方はこちら
→ 視覚探偵 日暮旅人 原作の結末は?

視覚探偵 日暮旅人の原作はあるの?

原作は、山口幸三郎氏の日暮旅人シリーズの小説です。主人公の日暮旅人は探偵事務所を営んでいますが、過去に引き受けたある事件が原因で視覚以外のすべての感覚を失ってから目に見えないモノを透視することができる探偵になりました。

名字の違う娘と暮らしながら、その特異な能力を駆使して難事件を次々と解決してゆく物語となっています。

 

作者の山口幸三郎氏は、第15回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞し、『神のまにまに!』で電撃文庫よりデビューしました。

日暮旅人シリーズの他の著作には『ハレルヤ・ヴァンプ』があります。

 

この小説のテーマは物に込められた愛。

それを日暮旅人は大切にされてきた物には、人の想いが宿ると信じ、他人には見えない隠された事実までも見通してしまいます。

 

日暮旅人を知るうえでもう一人カギとなるのは人物は百代灯衣(ももしろてい)です。

旅人とは血の繋がりもなく名字も違う娘ですが妖精のように美しい顔立ちをしていて、時々、大人をやり込める発言もする頭の良い女の子です。

 

灯衣が通う保育園の保育士山川陽子も旅人に惹かれている女性で、よく探偵事務所を訪れる登場人物です。

旅人と意地っ張りな灯衣のことが心配で、いつも二人を応援しています。

 

視覚探偵 日暮旅人の原作最終回はどうなる?

捜査一課の警部補増子すみれと日暮旅人の関係が最終話でついに明らかになります。

ふたりの間柄を不審に思っていたすみれの部下中上千花は二人を尾行しますが、旅人に簡単に見破られてしまいます。

そこで、こんどは同僚の土井と組んでこっそり二人の過去を暴き出そうとしますが、秘密は明かされません。

しかしある日、日暮探偵事務所を訪れた千花はユキジから増子すみれと日暮旅人が昔、恋人同士だったことを聞き出します。

そして灯衣がすみれの子供ではないかと疑りはじめるのでした。

 

しかし、そのころ土井はすみれに脅かされて千花との企てをすべて白状してしまいます。

そこで、すみれと旅人は真実を隠すために千花の前で本当は元夫婦だったと内訳話をしたのでした。

それで、納得した千花はふたりの調査をやめることにしたのです。

 

そして最終話では千花にすみれと日暮旅人の関係を調べさせていたのは警察の監督官であったと判明するのです。

情報の外部漏洩を調べていたのです。それを視覚に捉えた旅人は驚きます。

 

これまで、すみれの捜査を助け数多くの難事件を解決してきた旅人でしたが、自分は警察からすれば単なる情報屋に過ぎない存在なのだと痛感するのでした。

そして、山川陽子と旅人の関係も陽子の告白で急接近します。灯衣の監禁事件以来、母親のように陽子は灯衣を気遣ってきました。

旅人はその様子を、すこし距離を置いたところかな見守ってきたのですが、陽子が勇気を振り絞って告白したことで愛情に火が付いたのです。

しかし、旅人にはどうしても解決しなければならない事件が目の前にありました。旅人の過去ともつながる難事件でした。

 

視覚探偵 日暮旅人の原作とドラマの最終回の違いは?

原作とドラマの最終回の筋立ての違いは、旅人が体験した五感を失うほどのショックを与えたあの過去の監禁事件が明らかになるかどうかという点です。

原作では描かれているのですが、平成15年のドラマではその謎は明らかになっていません。

今回のドラマではすべて分かってしまいます。

 

付け加えていえば、これはドラマ全体を通してなのですが、灯衣ちゃんの性格の描き方の違いです。

原作では利発で明るいおしゃべりが大好きな愛らしい子供に描かれていますが、ドラマでは少し陰のあるなにか秘密めいたものを持っている少女に設定されています。

 

櫻子さんの足下には死体が埋まっているのパクリに関してはこちら!
→ 櫻子さんの足下には死体が埋まっている パクリ

貴族探偵 キャストの画像について気になる方はこちら
→ 貴族探偵 キャスト 画像

視覚探偵 日暮旅人 原作の結末について気になる方はこちら
→ http://emilysfoundation.org/

 

【2017年春ドラマの話題な事】

『クライシス』ドラマが「MOZU」のパクリ?